活動方針

2021〜2022年度の活動方針

会計  (理事 久保田 百代)

活動方針

クラブ活動計画に沿って、各委員長や会員からの要望を理事会と審議のうえ、無駄のない適切な予算措置を行う。

実施計画  
  1. 各委員会から事業計画及び予算案を提出してもらい、内容を審議の上予算配分を行う。
  2. コロナウイルス流行の状況により、一般会計及び特別会計予算の変更が必要になる事が考えられる。その場合は、会長・幹事及び理事会にて審議のうえ適切に対応する。

SAA  (委員長 杉田 尊)

活動方針  

明るく楽しい雰囲気で、和やかで且つ有意義な例会になるよう、スムーズでメリハリのある進行に心がけつつ、伝統と品位ある運営に努めます。

実施計画  
  1. 会長・幹事との連携を図り、楽しい雰囲気を作ります。
  2. 例会の卓話者、来賓、来客が、このクラブに来てよかった!という気持ちになるような“おもてなし”を心掛けます。
  3. 時間厳守を旨とし、雑談が少なく、私語を慎むような例会運営を目指します。

クラブ奉仕部会  (部会長 佐々木 伸)

活動方針  

各委員会(増強・退会・会報)三委員会との連携を密にしながら、会長テーマである「共に生き、共に栄える」に沿った方針の中で、ひとり一人がこのコロナ禍の厳しい中ではありますが、生業を維持していただくことが末はクラブの繁栄に繋がっていくと考えていますし、その為には会員の増強を図り、退会者を出さないことを念頭に入れ努めていきたい。会報情報広報はクラブを広く多方面に広報しロータリーの本来の目的、意図と業績を地域社会に広く認識していただけるように推進していきたい。

実施計画
  1. 会員増強については前期退会者が出てしまったことで本年度は更なる増強また、退会防止に努めていきますが、会員増強委員会だけの取り組みではなく、他委員会との連携により各奉仕活動のイベント実施時にも会員増強に関する発信の機会を頂くなど、クラブ全体で会員増強に意識を高めて増強に繋げていきたい。
  2. 退会防止については常にスポンサーが気遣いし退会を考えることのないように努める。
  3. 会報情報広報についてはHPのブラッシュアップを今期中に行い、更なる充実をはかりたい。
会員増強・選考・職業分類  (委員長 小森 靖宏)
活動方針  

今年度新入会員3名を目標に活動をしていく。

実施計画
  1. ベテラン会員が将来退会していくことに備えて若い会員の入会や女性会員の入会バランスのとれた構成を心掛け、若手会員への役割の移行(引継ぎ)を行う。
  2. 楽しい例会を心掛け、魅力あるクラブを実現し、退会防止を徹底する。
  3. 例会に長く欠席している会員の会社へ訪問し、近況を伺いに行く。
  4. 会員増強会議を定期的に開催し、「候補者リスト」の作成と、新入会員の勧誘を行う。
  5. 候補者に体験例会に来ていただき、例会の雰囲気を体感していただく。
退会防止  (委員長 蒔田 真裕)
活動方針

例会・情報集会、各種同好会、奉仕活動・その他ロータリー活動を通して、会員同士がコミュニケーションを取り、退会を考えない楽しいと思えるようなクラブにする。
しかし、コロナの影響が不透明なため、情報集会、各種同好会、奉仕活動を中止せざる負えない状況も考えられますので、例会時の会員同士のコミュニケーションを大切にし、退会を考える会員が現れた場合に、退会を防止できるよう努力します。

実施計画
  1. 新入会員やあまり馴染めていない会員がいた場合は、積極的に声をかける。
  2. 例会への長期欠席者にはアプローチを行い、コミュニケーションをとる。
  3. 退会を考えている情報があれば、事情を聴き、原因を解決できる内容であれば可能な限り対応する。
会報・情報・広報  (委員長 荒川 逸雄)
活動方針

コロナ禍の中で、クラブ活動の積極的な情報発信と相互会員間の交流を図り、ロータリークラブのイメージアップにつなげていく。

実施計画
  1. 会報の充実
    リアルとWEB相互での例会開催のため、活動状況や情報をより詳細に発信し、興味を持ってくれるような会報を作成する。
  2. 情報集会の開催
    コロナ禍で開催できなかったが、何とか開催したい。
  3. クラブ奉仕活動の対外へのPR活動
  4. ロータリーの友、ガバナー月信熟読とMYROTARY登録への促進。

クラブ運営部会  (部会長 川上 賢正)

活動方針

クラブ運営部会としては、以下のとおり、多方面に及ぶ。出席、親睦・家族、規則・手続、プログラム、ソングリーダー、ニコニコ箱各委員会であり、それぞれの部会の充実したものになるよう、バックアッブしたい。
ことに、最近出席率が非常にいいが、他方、コロナ過、会員諸氏の親睦を図ることができていない。コロナからの回復に応じて、親睦を通じて、会員諸氏の意思疎通をはかることは重要だと思う。それが福井フェニックスローターの一番の売りだと思っている。

実施計画

それぞれの委員会活動をバックアップする。コロナ回復後の親睦、プログラム等委員会活動の調整が必要だと思われる点については、理事会以外にも、運営部会ですることとしたい。

出席  (委員長 達城 守)
活動方針

出欠状況の確認を行うとともに欠席がちな会員の把握に努め、退会防止委員長と連携して参ります。

実施計画
  1. 例会で出席状況を発表し、会員の意識向上を図ります。
  2. 例会欠席理由を事前に報告していただき、例会で発表します。
  3. 世界大会、地区大会、IM、奉仕活動、情報集会等の出席を奨励し、メーキャップへの会員の意識を高めて参ります。
  4. 例会で、週報に記載されているビジター受付情報を発表し、メーキャップを促します。
親睦・家族  (委員長 成山 勲英)
活動方針

『活発、明るく、元気よく!!』
コロナ渦でRCのクラブ活動も、会員さんの本業の生業も、プライベートも制限されていますが、元気は自分自身で創り出せるものなので、上を向いていきましょう。
親睦の行事が本年度開催できるかは未定ですが、感染対策を万全にし、可能な限り行事を行い、親睦出席率の向上に繋げます。

実施計画
  1. 例会場に30分前に入り、設営、会員出迎え、ビジター案内をスムーズに行う。
  2. 毎月第一例会時に、誕生日、結婚記念日の栄誉行事を実施する。
  3. 親睦委員で協力し、会員の方々に喜んでいただける様な行事を実施する。
  4. コロナ渦の影響で、例会やイベントの参加・開催が極端に少なくなることが予想されるので、できる限りオンラインでお顔を合わす機会を増やす。
  5. 年末家族大会は開催できなくとも、感染対策を万全にできる代替案を模索する。
予算

未だ見通しがつかないので例年通りお願い致します。

規則・手続  (委員長 川上 賢正)
活動方針

規則手続き委員会としては、昨年度から検討中の課題を早急に執り行う。
昨年度において、「福井フェニックスRCのクラブ定款変更」は実行されたが、それ以外の細則を変更することはまだ履行されていない。具体的に、現状の細則はメーキャップ期間についてなんら定めがない。他方、基本定款では、12条第1節(a)で例会前後の2週間と定めがあり、この点は理事会で変更がされたが、少なくとも細則に定めがないと理事会決議は無効となる為、正式決議と細則に記載されることが必要。
また、会費問題について決議がされるのであれば、これも細則に記載されることが必要。

実施計画

以上の活動のために、細則変更の理事会を開催し、総会決議の必要がある。

プログラム  (委員長 田中 義孝)
活動方針

当クラブらしく、明るく楽しい充実した例会となるよう会員卓話はもちろん、外部からの卓話も取り入れ実施していきます。

実施計画
  1. 会長方針に沿ったプログラムとします。
  2. 会員相互の理解を深められるよう新入会員の卓話を優先して行います。
  3. 外部卓話も積極的に取入れ、卓話者、会員に、来て良かったと思える様企画します。
ソングリーダー  (委員長 古市 千津子)
活動方針

会のはじめに、心を一つにして 合唱したいと思います。

実施計画

前年度 至らなかった点を 先輩方にお聞きして 再度 挑戦したいと思います。

ニコニコ箱  (委員長 池田 亘)
活動方針

次年度の創立30周年に向けての記念行事予算の確保に努める。(特別会計の資金充実)

実施計画

ニコニコ箱募集、最低目標基準、一人当たり 50,000円以上(半期、25,000円以上)

地域奉仕部会  (部会長 松木 延倫)

活動方針

職業奉仕、青少年奉仕、社会奉仕の各委員長と連携し、地域に根ざした人に喜ばれる奉仕活動により、社会に貢献できるよう努めます。

実施計画

コロナ下では奉仕活動の中止が決定しており、活動数が減少するため、感染状況を見極めながら、会員の皆様とも情報交換を行い、活動目的など情報を確実に伝達し適正に参加して頂けるよう工夫します。

職業奉仕  (委員長 藤井 健二)
活動方針  

奉仕はロータリーの金看板です。職業奉仕の目的や意義そして倫理観の理解を深める活動を行い、多くの参加を目指したい。

実施計画
  1. 福井商業高校就職希望学生に対する就職講話、模擬面接の実施。
  2. 会員事業所への訪問、移動例会の実施
社会奉仕  (委員長 野尻 悦嗣)
活動方針

地域のみなさまに役立ち、喜んでいただける奉仕を目指します。
多くの会員とその家族が参加協力し、地域の方とのコミュニケーションを築き、奉仕活動を行います。

実施計画
  1. 《「コロナやウイルスから自分をまもる.」大切さを子どもたちに伝える》プロジェクトを越前市国高幼稚園にて実施(地区補助金を使用)
  2. 足羽川清掃活動に参加
  3. セイタカアワダチソウ駆除活動に参加
青少年奉仕  (委員長 塚田 直勲)
活動方針

次世代を担う青少年が夢を持ち社会に貢献できる人材となれるように育成活動を支援します。

実施計画
  1. 福井市少年サッカー交流大会交流大会後援
    実施日7/24(土)25(日)
    内容:試合の支援・観戦・応援・閉会式の参加
        及び会長による挨拶・表彰式での賞品の授与
    新型コロナの感染状況により開催中止の場合は備品の寄贈を検討しております。
  2. 青少年指導者育成プログラム(RYLA)セミナーへの参加。

国際奉仕部会  (部会長 黒川 照元)

委員会方針

国際奉仕、姉妹クラブ友好、ロータリー財団、米山奨学の各会員と連携を図り、各委員会の奉仕活動を支援する。

実施計画

各委員会と情報を共有し、活動実施を支援する。
米国テキサス州ヒューストンで開催予定の世界大会等各種国際奉仕に関する行事への参加協力。

国際奉仕  (委員長 松村 美貴)
活動方針

地区およびクラブ会長の方針に基づいた奉仕活動の実施。
各種国際奉仕に関する行事への参加。

実施計画
  1. ヒューストンで開催されます国際大会への参加依頼。
  2. 地区国際奉仕セミナーや国際大会説明会など地区主催の会合への参加。
姉妹クラブ友好  (委員長 壬生 照泰)
活動方針

今年度も引き続き、姉妹クラブの台北陽光ロータリークラブとの親睦交換を大事にしていきたく思います。

実施計画

昨年度は北陽光ロータリークラブ創立25周年式典がありましたが、当クラブは、新型コロナ禍の影響で参加することが出来ませんでした。今年度もこのような状況にありますが、そうした中引き続き親睦を図っていきたいと思います。

ロータリー財団  (委員長 辻 正)
活動方針
  1. ロータリー財団の寄付に関する理解の促進。
  2. グローバル補助金・地区補助金に関する条件を会員の皆様にお伝えする。
  3. 年次寄付・恒久基金寄付・ポールハリスソサエティの目標達成
実施計画
  1. 年次寄付目標$180(昨年実績を上回る様に奨励)
  2. 福井フェニックスRCに割り当てられる補助金限度額を把握し、適切な地区補助金の活用を会員で話し合い、理解して戴き活用事案を立案
  3. ベネファクター       3名以上
    ポールハリスソサエティ 3名以上
米山奨学  (委員長 久津見 律子)
活動方針

前年から引き続き、米山奨学生としてお預かりしている、王栩杉(ワンスーシャン)さん久保田カウンセラーのもと支援していく。

実施計画
  1. 年間寄付目標…会員1人当たり24,000円
  2. 例会入口、各テーブルに封筒を置き寄付をお願いする。
  3. 半期に一度寄付金累計額を発表。
  4. 10月米山月間に米山奨学生の卓話を実施する。
ページトップへ


  • 定款 細則
メール